ご注意ください

最近、実在の法律事務所名や弁護士名等を詐称して、架空請求をなしたり、いわゆる「振り込め詐欺」等の犯罪が行われている模様です。

当法律事務所や当事務所の弁護士名が同種事件に用いられた可能性があるとの報告を受けたこともありますが、言うまでもなく、当事務所や当事務所の弁護士は、かかる架空請求や「振り込め詐欺」等とは一切関係はありません。

また、当事務所では、このような事案に接した場合には、警察を始めとする関係官公署に通報する等、厳正に対処をいたしております。

もし、当法律事務所名や当事務所の弁護士名を騙(かた)った葉書、手紙、電子メール、電話等によって身に覚えのない金銭の請求その他の通知を受けられた場合には、下記「弁護士情報検索」のウェブサイトにアクセスされた上で、次の点をご確認ください。

  1. 通知に記載された弁護士が実在するかどうか。
  2. 通知に記載された法律事務所名、弁護士名、事務所所在地、連絡先、電話番号及びFAX番号の全てが、下記日本弁護士連合会の当事務所の表記と一致するかどうか。
  3. さらに、その他不審な点がないかどうか。

弁護士情報検索(日本弁護士連合会)


また、当事務所では、上記「弁護士情報検索」に掲載された電話番号及びFAX番号以外に、メールアドレスや携帯電話の番号等を通知書等に記載することはありません。このような不審な点がないかどうかもご注意ください。

さらに、万一、上記のような架空請求書等を受領されたり、かかる架空請求や「振り込め詐欺」の被害にあわれたような場合には、ご住所地所轄の警察署等に通報やご相談をしてください。

(参考情報)

東京都の緊急消費者被害情報

東京弁護士会の振り込め詐欺

※リンクはいずれも新しいウィンドウで開きます。

ページトップへ