English >

一般争訟事件


(交渉、ADR、保全、訴訟、執行等)

民事実体法と民事手続法に精通し、争訟事件の迅速かつ適切な解決を図ります。訴訟では、司法研修所の要件事実論を基礎とした精緻な法律論を展開し、また周到な準備で証人尋問に臨んでいます。民事保全や民事執行では長年にわたる数多くの実績を誇っており、裁判所実務の現場にも折に触れ積極的な提言を行ってきました。

また、こうした法的処理に適切な見通しを立てられる強みは、訴訟前の交渉やADR(裁判外紛争処理機構)においても生きています。

企業間争訟事件

企業間取引をめぐる紛争は、取引実態と法理論の双方について十分な知見が要求されますが、一般的商取引はもちろんのこと、商社取引や製造物供給取引などの非典型契約に至るまで、多くの事例を扱ってきました。

金融取引争訟事件

金融機関の貸付債権や担保物件に関する争訟、各種金融商品に関する争訟等では、金融法務全般に関する専門性を背景として、強みを発揮してきました。将来債権譲渡担保と租税債権との優劣に関し2本の最高裁判例を取得してその後の実務をリードしたのはその代表例です。

不動産関連争訟事件

不動産売買、不動産登記、借地借家、建築、担保権関係など、不動産に関する争訟でも数多くの実績を持っています。建築請負代金債権の保全や回収においても、留置権や倒産手続との関連で専門性を持った対応を重ねています。

その他争訟事件

不法行為などの損害賠償請求や詐害行為取消などの分野でも、事実調査力と法的分析力を生かして成果を上げています。

ページトップへ