English >

個人案件

個人の方が社会生活を送る上では、様々な法律問題が発生します。家や土地の売買や賃貸借に関する紛争、あるいは離婚、相続や遺言に代表される家庭内での悩みなど、企業の経済活動に伴うものとは異なる多くの問題があります。当事務所では、このような案件にも依頼者の立場に立って親身に取り組んでいます。また、当事務所の弁護士がお受けしない場合でも、ご相談内容に応じて、その道に詳しい信頼できる弁護士を数多くご紹介しています。

* 個人の方の案件のご相談等については、原則として、事務所所属弁護士若しくは職員又はその知人若しくは継続的な依頼者のご紹介のあるものに限ってお受けしています。

ただし、当サイトをご覧になってご連絡をいただいた個人の方のご相談については、ご相談の趣旨及びご相談者の属性等をお聴きした上で、お断りすることもありますが、お受けすることもあります。紹介者なくご相談ご希望の個人の方は、アクセスページに掲載しております「info」のEメールアドレス宛てのメールに、(1)ご相談者のご職業等の属性と、(2)ご相談の分野とその趣旨をお書きいただいて送信し、受付の可否をご相談ください。

不動産取引

借地・借家に関連する紛争等のほか、土地建物の売買や建築に関する法律問題も取り扱います。

相続・遺言その他の家族法関係

相続に関し、遺言書作成や遺産分割のご相談等を取り扱っています。また、離婚等の家族法関係の相談等も、取り扱っています。

交通事故

交通事故の被害者、あるいは加害者の代理人として、相手方や保険会社等に対する請求や交渉を行い、また、示談書の作成等を取り扱っております。

各種契約書の作成

不動産等の売買契約書や賃貸借契約書のほか、様々な法律関係に関する契約書等の作成も取り扱っております。

会社の支配権を巡る法律問題

同族会社等や提携先株主がある場合に、株主間での会社支配権を巡る争い等の法律問題についても、支配権の奪還等、その個人株主の立場に立脚した法務を取り扱っています。

刑事事件

若手弁護士は、当番弁護士及び国選事件を受任しており、また、事務所としても、告訴、被害届の提出等の業務をしています。また、継続した御依頼者の御紹介がある場合には、起訴の前後を問わず、私選の刑事事件を受任することもあります。

ページトップへ